【上野】東京国立博物館「特別展三国志」へいってきました

みなさん、こんにちは。

東京アラフォンヌのロミコです。

ロミコは先日、上野の東京国立博物館で開催中の「特別展三国志」(2019年9月16日まで)に行ってきました。

超有名な三国志

三国志は、誰もがその名を知る中国の三国時代(魏・呉・蜀)の史実ですね。

歴史書として最初に書かれたのは、三国時代が終わった後の西晋の時代で、その後長い時を経て、明の時代に書かれた時代小説「三国志演義」が、私たちの知る三国志のお話の基になっているそうです。

 

日本でなじみの深い三国志

日本では、吉川英治先生の小説が人気となり、それに続いて横山光輝先生の漫画NHKで放送された川本喜八郎先生の人形劇、そしてコーエーさんのゲームもあります。間口が広く、老若男女あらゆる層から永続的に人気が高いですね。

ざっくりとしたストーリー

ストーリーは、後漢末期の魏・呉・蜀の三国時代を舞台に繰り広げられる戦国物語です。ロミコが読んだ小説版だと、個性豊かな登場人物がとにかくカッコイイ、そして各国の風土や特色などがイキイキと描かれていることが印象に残っています。

今回のテーマは「リアル三国志」ということで、最新の研究や発掘調査でわかったことが、展示されているそうです。

 

会場の様子

オープンの9時30分頃に到着しましたが、すでに入場まで長蛇の列ができていました。

意外とスイスイ進みます

メッチャカッコイイ「関羽」ポスター

2階のエントランス前では、2つのオーディオガイドのレンタルスポットがあり、吉川晃司版とゲーム「真・三国無双」版があり、ロミコは吉川版を入手しました。(もしかして、吉川晃司と吉川英治とかけているのかしら?)

また、自分の顔写真を基に、架空の武将が作り出される「武将メーカー」コーナーの設置もあり、おもしろそうなのでトライしてみました。

 

どんな武将になるのかワクワク

なんとなく面影はあるけれど、微妙。。。

ロミコは、蜀の何正紹信(かせいしょうしん)という名の義心に厚い武将になりました(笑)。

 

今回の展示はすべて写真撮影が可能です。

中へ入ると混雑していて、なかなか近くで見ることできないけれど、オーディオがあると心強い。展示品まで遠くても、吉川氏の声で気分を高めます。

 

展示に関してあまり書くとネタバレになるので、控えめにご紹介しますが、最初は三国時代になるきっかけとなった黄巾の乱(こうきんのらん)にまつわる展示からスタートします。

 

ファンはたまらない横山先生の生原稿

「桃園の誓い」名シーンの生原稿が展示されていました。蜀の劉備・関羽・張飛が誓いを立て、義兄弟になるシーンが有名です。

最近では、「日経電子版のバーン!」の広告でも頻繁に漫画が使われますね。

 

ポスターにも使用されている関羽像

 

人形劇

三国志人形劇は、1982年から2年にわたりNHKで放映されました。

川本喜八郎氏が作られた人形は、キャラクターの個性が光る精巧な造りで、子供から大人まで魅了される見ごたえのある作品だったことを記憶しています。各所に設置された人形コーナーは、人気の写真スポットでした。

 

有名な「赤壁の戦い」の展示コーナーでは、劉備の軍師・孔明が3日で作ったといわれる十万本!?の矢が頭上に放たれ、迫力満点です。

 

思わず両手で頭を守ってしまいます

三国志展のメイン展示といわれる「曹操広陵」コーナーは、2009年に発掘された魏の曹操のお墓の中をイメージした造りになっていました。

インディージョーンズ気分で歩いていると、一際異彩を放つ白磁がありました。約300年後の隋の時代に作られ始めたといわれている白磁が、曹操の墓から出土されたことは、歴史を覆す大発見だそうです。

 

歴史ロマン

多くの展示物の中からロミコが気になったキャッチ―な展示をいくつかご紹介しましたが、魏・呉・蜀の三国は風土が異なることから、それぞれの異なった文化が発達し、土器ひとつにしても趣が異なり、比較してみると大変興味深かったです。

 

充実のグッズ販売

多くの作品があるので、お土産売り場の充実っぷりは素晴らしかったです。

 

イケてるTシャツ

印影クッキー型

購入したガイドブック、「桃園の誓い」にちなんだフレーバーティー、漫画の名シーンポストカードを購入しました

 

お土産づらり

 

展示は平成館だったので、帰り際に通る表慶館を眺めながら、館をあとにしました。ちなみに表慶館は大正天皇のご成婚記念として、平成館は令和天皇のご成婚を記念して開館されたそうです。令和館?もいつの日か開館する日がくるかもしれませんね。

 

いつみても美しい表慶館(休止中)

URL:  https://sangokushi2019.exhibit.jp/

 

まとめ

少々ネタバレになってしまいましたが、三国志を知らない方でも様々な切り口で楽しめる展示でしたので、見ごたえのある素晴らしい展覧会でした。

上野は9月16日までの開催となりますが、10月1日からは福岡でスタートしますので、ご興味ある方は、ぜひ行ってみてくださいね。

 

by ロミコ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です