【銀座】ショッピングに疲れたらココ!おひとり女子が入りやすいカフェ3選

 

みなさん、こんにちは。

東京アラフォンヌのロミコです。

銀座にはチェーン店から高級喫茶まで数多のカフェがありますが、休日はどこもかしこも混んでいて、お茶をするのに並ぶこともしばしば。これから休憩する前に並ぶのって、できたら避けたいですよね。

今回ロミコがおススメする3選はいずれもこだわりの強い本格派でありながら、穴場感があり静かな佇まいです。そんな素敵なカフェをご紹介したいと思います。

 

その1 銀座 福禄寿

日本茶の種類が豊富でランチから甘味まで楽しめる本格派和カフェ

 

場所は、銀座一丁目の三原通り沿いにあり、小さなお店が点在しているエリアなので人通りもさほど多くありません。こちらのお店では日本各地の選りすぐりの茶葉を使用した日本茶と和のパティシエが作る、あんみつ、わらび餅やかき氷などの甘味が頂けます。

 

緑のソフトクリームが目印の路面店です

店内は、広くはないですが、落ち着いた雰囲気で、カウンター席とテーブル席があります。この日の客層は、大人男女カップルやおひとり女子が多く、ほとんどの方が日本茶と甘味を召し上がっています。

 

抹茶あんみつ850円

 

抹茶ソフトわらび餅820円+お茶500円のセット

抹茶ソフトは大人向けか、渋みがあるので、甘党でなく男性もペロリと頂けます。

 

ブラックタピオカミルクティー 950円

 

くちどけの良い氷とタピオカのぷにゅぷにゅ食感を楽しみながら、最後はフローズンタピオカミルクティーとしても楽しめる一度に二度おいしいイマドキなかき氷です。

セットのお茶は、煎茶、玄米茶、ほうじ茶、抹茶などの中から選べます。

たまには、こだわりの日本茶で一服するのも大人の休日っぽくって乙ですね。

もちろん、日本茶だけでなく、コーヒーや人気のタピオカ系飲料も取り揃えてあります。ランチメニューには、限定鯛茶漬けもあります。

 

URL: https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13223247/

 

 

その2 リビスコ

軽井沢発の新鮮な牛乳と果物を使用した体にやさしいジェラートショップ

 

場所は、松屋銀座デパートの裏通り(松屋通り)の王子サーモンの二階にあります。一階には、サーモンを中心としたおしゃれな食料雑貨店があり、内階段をのぼるとポップなイラストが店中に描かれたジェラートショップがあります。

 

お店のエントランス

二階へ上がると、アイスのショーケースとレジカウンターがあり、左側にはポップな雰囲気のイートインスペースがあります。客層は、親子連れ、おひとり女子、カップルなど様々です。

 

どれをチョイスするか悩んでしまう

黒板の「Today’s Gelato」には、わかりやすいイラストで描かれたメニューが並んでいます。ジェラートだけではなく、コーヒーやワインも取り扱いがあるので、大人も楽しめる仕様になっています。

 

わかりやすい商品案内のイラストがキュート

 

アルプスの頂きのような盛り

 

左はシングルカップ(540円~)で「ヨーグルト」、右はダブルカップ(650円~)で「ラムネーズン&キャラメルラテ」を注文しました。

「ヨーグルト」は、まろやかな酸味が心地よく後味すっきり

「ラムネーズン&キャラメルラテ」は、ラム酒が香るまろやかな「ラムネーズン」と、ハニーローストのピーナッツと懐かし系なホッコリキャラメル味な「キャラメルラテ」は、大人っぽい組み合わせでした。

イートインスペースがあるので、窓際の席に腰かけて街ゆく人々を眺めながらゆったりと休憩ができます。

 

URL: https://libisco.com/

 

 

その3 BONGEN COFFEE(盆源コーヒー)

美しい盆栽を際立たせる能舞台!?のような凛とした佇まいの路地裏カフェ

 

場所は、最近「奥銀座」とよばれる東銀座の路地裏にあります。周囲は昔ながらの昭和の街並みが残り、何とも言えない味のあるエリアです。

 

コーヒーショップというより和菓子屋さん?!のような雰囲気

店内は、小ぶりで席数は少なく、暖色系の土壁に、カウンターは木の格子天井があしらわれ、能舞台を連想させます。トーンが統一されているので、盆栽の存在感を際立たせているように演出されています。

 

路地裏であまり目立たない立地にもかかわらず、SNS効果なのか、「和の佇まい」に惹かれた!?インバウンドのお客さんも多く見掛けました。

 

使い勝手の良さそうなオリジナルグッズも販売されています

 

テイクアウト用の豆やお菓子も販売されています

メニューは、コーヒーの他に、抹茶を使用した飲料、おにぎりや夏季限定メニュー!?の金太郎を型どったアイス最中なども販売されているようです。

 

アイスコーヒー(500円~)

アイスコーヒーを頂くと、スモーキーでコクのある本格的な味がしました。

盆栽を鑑賞しながら店内でゆっくり頂くのも良いけれど、近くの緑に囲まれた築地川亀石公園で、ゆっくり味わうのもおススメです。

 

URL: https://ginza-bongen.jp/

 

 

まとめ

 

今回は銀座界隈にある、茶葉にこだわる甘味カフェ、軽井沢の味が銀座でいただけるジェラートショップ、そして盆栽と能舞台のような空間が素敵なコーヒーショップをご紹介しました。

どちらのお店もメインストリート沿いではないため、穴場感があり、安らげる雰囲気が演出されています。

チェーン店も良いけれど、せっかく銀座まで来たのなら、いつもとはちょっと違うお店で、美味しいお茶とスイーツを頂きながら至福ティータイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

ぜひぜひ、訪れてみてください。

 

by ロミコ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です