【御徒町】鳥恵黒門店でマッチョな炭火焼鳥 とワイン

みなさん、こんにちは。

東京アラフォンヌのロミコです。

今回は、家族でも、カップルでも、女子会でも、もちろん一人でも、使い勝手の良い、御徒町の焼鳥屋さんをご紹介したいと思います。

鳥恵さんはどんな焼き鳥屋さん?

この界隈で現在、3店(本店、上野広小路店、上野黒門店)出店しており、とても勢いのある焼鳥屋さんです。

中でも、上野広小路店が2016年にミシュランビブグルマンを獲得し、現在は予約が困難な状況です。

みなさんすでにご存知でしょうが、ビブグルマンはミシュランの星の評価からは外れますが、コストパフォーマンスが良いおすすめのお店が選定されます。

こちらのお店では、良質な地鶏を使用した焼き鳥と酒肴のコースと、選りすぐりの焼き鳥に合うお酒が多種取り揃えてあります。

店構えが上品、和の佇まいがですね。

ガラス張りなので店内の様子が良く見えます

土曜の19時に予約していましたが、店内はすでに満席。17時入りしたお客さんが、ちょうどお会計されているところでした。私たちは、19時なのに、すでに2回転目。さすが人気店

店内の照明は明るく、ウッディーな雰囲気がジュアルでいい感じです。

さほど広くはないけれど、コの字カウンター、奥にテーブル席と半個室があるようです。お子さん連れの方は、奥の半個室を利用されていたようです。

コースは数種あり、焼き鳥の他にもいろいろ楽しみたいので鳥恵コースにしました。

鳥恵コース 4,500円

・前菜 2種

・季節のサラダ

・レバーパテ

・大根おろし

・焼き鳥5本(ササミ、愛媛の媛っこ(ヒメッコ)手羽先、京鴨、レバーなど)

・京鴨ロースト

・そぼろ丼

今日は、ワインが飲みたい気分だったので、2016年のブルゴーニュのピノノワールの赤をボトルで頂きました。

お品書きのワインの特徴にだしの味わいがあると書かれていましたが、本当にその通りで焼き鳥にあう赤でした。

カウンター席に通され、目の前では職人さんが丹精込めて一本ずつ焼いてらっしゃいます。カウンター席なのに、換気が行き届いて、全く煙たくなかったのもポイント高いですね。

ますは、前菜2種

左側がみかんと山芋の和え物、右側がキノコの温かいスープ

冬の旬が味わえるおしゃれな2品です。

みかんと山芋の和え物は、サッパリしていて先付にピッタリ。木枯らし吹きあれる寒い日に、温かいキノコのスープは、冷えたからだをホッコリさせてくれます。

美しい盛り付けに期待に胸が膨らみます

続いて季節のサラダ

彩りが美しいので食欲そそりますね

ボウルに山盛りスタイルで登場。2人分?と見間違えるほどのボリューム。

紅芯大根、トマト、いちじくがレタスの上で盛りつけられていて、さっぱりとした和風ドレッシングに良く絡んで、ペロリ完食です。

鶏モツ煮込み

オプションで注文した鶏モツ煮込み(ロミコはオッサン舌なのか、煮込みが好きなのです)

モツの弾力がすごい

クミンなどのスパイスが効いている味付けだったので、赤ワインにもよく合います。

鳥恵のスペシャリテのレバーパテが登場

濃厚で豊かな味わいと滑らかさが、後ひくおいしさです。

炭火で焼いたフランスパンが香ばしい

まさに、鳥恵のホームページに記載のある日本酒の他にワインも合う「全方位対応」の酒のアテです。

京鴨のロースト

噛みしめると力強い弾力があり、鶏とは違う鴨独特のパンチがあります。付け合せの半熟ゆでタマゴも、クリーミーでアテに最高。

お好みでカラシをつけて

いよいよ焼き鳥登場!

焼き鳥の特徴は、地鶏のせいなの大ぶりで肉が筋肉質。焼き具合は、絶妙のミディアムレア感あり、パサつきなく、ベストなおいしい焼き加減で供されます。

ねっとりした食感がたまらないササミワサビから始まり、力強い京鴨、プリッツプリな弾力があるセセリ、濃厚レバーに巨大手羽先と続きました。

5本の串の中で特にロミコの好みだったものは、

濃厚レバー

(写真7)その見た目から、もう美味しいは間違えない

一口いただくと、濃厚な味わいとタレの旨味が口いっぱいに広がります。

媛っこ地鶏の手羽先

大きくて肉厚、骨格がしっかりしていて、他ではなかなか頂けない味の濃い素晴らしい手羽先です。

媛っこ地鶏って大きいんですね。

〆のそぼろ丼がいよいよ登場

うずらの卵がのっています

そぼろといっても、小粒ではなく大粒。

黄身付きのつくねを崩したような、ねっとりとした美味しさがたまりません。お腹いっぱいでも、美味しいので箸が止まりません!

【まとめ】

鳥恵は、御徒町界隈に3店舗あり、お店によってコース設定や、使用する地鶏が若干異なるようです。

アラカルトも充実しているので、その日の自分の気分で、好きな物を注文できるのも使い勝手が良いですね。

雰囲気

カウンター席テーブル席半個室があり。

新しい店内は清々しく、照明が明るく子連れでも良さそう。

接客態度は大変親切で、キビキビされていて好感が持てます。

その他メモ

御徒町は、松阪屋の隣にparko-yaがオープンして、従来とは少し違う雰囲気の個性的なお店が少しずつ増えて、注目のエリアです。

御徒町の焼き鳥屋さんの中では、比較的高級な部類に入るかもしれませんが、客層は20代から熟年まで、カップル、女子会、男子会そして子連れの家族連れまで、幅が広いです。

平日であれば、カウンター席なので一人でも入りやすいです。

たった5本の焼き鳥でも、普通の焼き鳥よりも大ぶりなので、食べごたえがありました。また、焼き鳥に合う多彩なお酒のラインナップが素晴らしく、お酒を嗜むロミコとしては心強い限りです。

詳しくはホームページをご確認ください。

アラフォンヌのみなさま、御徒町でマッチョな炭火焼鳥をぜひ召し上がってくださいね。

by ロミコ