【銀座】おひとり女子が入りやすいラーメン屋さん

みなさん、こんにちは。

東京アラフォンヌのロミコです。

今回は、おひとり女子でも入りやすい銀座界隈のラーメン屋さん3軒ご紹介したいと思います。

銀座といえば、皆さんもご存知の超高級レストランからチェーン店までさまざまなジャンルのお店が揃うグルメ天国。銀座界隈の飲食店は、日々競い合い、切磋琢磨しながら、「銀座クオリティ」を磨いてらっしゃるのでしょうね。今回は、まさに「銀座らしい」上品で気品漂う、キレイ系3軒にフォーカスを当ててみました。

1軒目 銀座 風見

もはやラーメンではない!?濃厚な酒粕のトリコになりそう、唯一無二の味!

場所は、少しわかりづらく、銀座六丁目の路地裏にあります。たまたま前を通った際に見つけました。明るい木目調のエントランスだったので、焼き鳥屋さん、もしくはお寿司屋さんだと思いきや、店頭に列ができていたので、近寄ってみるとラーメン屋さんでした。

路地裏にあるけれど、女性でも入りやすい外観です

券売機式。メニューの「きまぐれごはん」も気になります。

モダン和テイストな店内は、とても小さくカウンター8席のみ。カウンターは大きめで、テーブルには木製のランチョンマットがそれぞれ敷かれており、とてもおしゃれ。椅子も座り心地が良かったです。客層は、若い男女、外国人が多いようです。

酒粕濃厚ラーメン 980円と本日のお野菜150円

どろっとした濃厚なスープに、美しく盛られた具材(焼豚、焼いた栃尾の油揚げ、ハーフ味玉子、メンマ、ネギ、三つ葉、海苔など)がトッピングされています。それぞれ、とても丁寧にシゴトがされています。お揚げのトッピングは珍しいですね。

お品書きに、鶏、豚、あさり、牡蠣、酒粕入りと表記されていました。一口頂くと、とっても複雑でクセになりそうな味にビックリ。素材それぞれの主張を絶妙な加減でブレンドして作られたスープに麺が良く絡み、じんわりとやさしく体の芯まで温めてくれてホッコリします。

本日のお野菜も、蓮根、サツマイモ、赤カブ、しめじなど彩りも女子好みで、センスの良さを感じます。

その他のポイントは、アンチエイジングで注目の酒粕入り、おしゃれで清潔感有、コップはタンブラー、紙エプロン有、路地裏。

2軒目 ふぐだし潮 八代目 けいすけ

ラーメンとふぐの夢の競演!

銀座数寄屋橋にある東急プラザ地下のカジュアルなレストラン街にあるので、ひとりでも入りやすいお店です。

食欲のない日も、ダイエットしている時も、さっぱり塩味のふぐだしはいただきやすいのが嬉しいですね。

オープンなエントランス

券売機式。ラーメンの他に、ふぐのから揚げやお茶漬けをつけたセットなどもある模様。店内は、カウンター席とテーブル席があります。ひとりならカウンター席が利用しやすいです。客層は、大人の女性、中高年の男女が多い印象

ふぐだし潮らーめん 1,100円

スープは、ふぐのおだしに数種の異なる天然塩をブレンドした塩ベース、麺は全粒粉のストレートで固め、トッピング(昆布〆ふぐ、たまり漬玉子、穂先メンマ、ネギ、海苔、三つ葉、ゆずなど)の紅葉麩のせいか、華やかな和テイストな盛り付けは、大和撫子のような可憐さ。中でもふぐの切り身は、モッチリな食感が心地よく、そのまま頂いたり、スープにしゃぶしゃぶしたり、二枚といわず、もっと頂きたい美味しさです。

かぼすや、柚子こしょうで味の変化をつければ、一度に二度おいしい。ふぐなので仕方ないところですが、もう少し価格がおさえられたら、うれしい限りです。が、ここは銀座ですから

その他のポイントは、ふぐだしコラーゲン、清潔感、コップはタンブラー、紙エプロン有、駅チカ。

3軒目 SHIBIRE NOODLE 蝋燭屋

まさにリピート必至なスパイス使いにシビレタ、女子率高し

場所は、銀座三丁目の洋食の老舗「煉瓦亭」と「グリルスイス」に挟まれたグルメ激戦区にあります。シビレンヌードルだけに、担担麺、酸辣湯、麻婆麺、汁なし担担麺の4種で勝負したメニュー構成です。お昼のオープン時には、すでに長蛇の列。2017年の10月にオープンしたばかりなのに、すごい人気。特に麻婆麺の人気が高く、ほとんどの方が注文されています。

煉瓦亭の隣が蝋燭屋ってなんだかムーディーですね

券売機式。ランチにはハーフライスが無料でつきます。店内は、カウンター席14席のみ。あまり広くはないですが、清潔感があり、ラーメン屋さんというより、カレー屋さん!?な、雰囲気です。客層は、想像以上にシビレ求む女子率が高いです。

麻婆麺1,000円とオプションでつけた玉子

辛さを求めているのに、からすぎるのは怖いコンサバ・ロミコは普辛を注文。一口スープを頂くと、山椒を中心としたスパイスのビリビリした刺激は心地よく、旨味を強く感じます。ただ辛いだけではなく、上品な辛さなんです。卓上のぶどう山椒オイルをかけていただくと、柑橘系の爽やかさが加わり、アクセントというより奥行きの深い、ますますエレガントなお味に。食べ終えた後は、爽快感あり、かなり気持ちよく汗をかきました。

その他のポイントは、デトックス、おしゃれで清潔感有、コップはタンブラー、紙エプロン有、刺激。

【まとめ】

「銀座らしい」気品を感じさせるキレイ系な3軒をご紹介しました。

どのお店も人気があるのがうなずける、細部にいたるまで、きちんとしたシゴトがされていて、オリジナリティが光っています。

おひとり女子御飯だと、周囲の目を気にしたり、なんとなく気後れしたりしがちですが、ご紹介したお店はどこも居心地が良く、食事に集中できます。

アラフォンヌのみなさま、銀座らしい「一歩先行く」感度の高いラーメンを頂きに、ぜひ訪れてみてください。

by ロミコ