【築地】初詣だけではない、新春から新鮮なシーフードを食べ歩こう

みなさん、こんにちは。

東京アラフォンヌのロミコです。

ロミコは、築地にある波除(なみよけ)稲荷神社と築地本願寺へ初詣に行ってきました。

築地といえば

築地といえば、一昨年に場内市場(東京都中央卸売市場築地市場)が豊洲へ移転しましたね。現在の築地は、既存の場外市場が一段と活気に溢れ、インバウンドを中心に食べ歩きグルメスポットとして人気です。

新春に、初詣と食欲を両方いっぺんに満たすという欲張りなロミコです。

まずは、場外市場の奥に鎮座されている波除稲荷神社へ

こちらの神社では、倉稲魂命(うがのみたまのみこと)という食物の神をお祀りしており、災難除け、商売繁盛などのご利益があるそうです。地元の方々をはじめ、市場で働く方々に愛されています。

伊勢神宮と同様の神明造の社殿

社内には、「寿司塚」、「海老塚」や「玉子塚」など、築地ならではの碑がたくさん奉納されていました。築地場内に一号店があった牛丼の吉野家の「吉野屋塚」もありました。

他に鮟鱇塚や昆布塚もあります

神社に入ると、左右に巨大な獅子頭が鎮座されています。

左側の獅子様は雌で、頭の中には弁財天市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)の御神像が収められているそうです。江戸時代の既婚女性をモチーフにしているのか、お歯黒の獅子とはユニークですね。

お歯黒獅子

右側の獅子様は雄なのでしょうか。

お姿は大変凛々しく、金歯がキラリと光っています。参拝方法は、木製の願い串に、願い事、住所と氏名を書き、獅子様のお顔の裏側に置かれた籠の中に願い串を納めます。正面に戻り、お正月だからなのか、獅子様の前で、巫女さんが神楽鈴でお祓いしてくださいます。

厄除け後は清々しい気持ちに

向かい合う獅子頭のカップル!?がいる神社って、なんだか恋愛のご利益もありそう

場外市場は営業している!?

場外市場は、三賀日も営業しているお店が多く、インバウンドの方々が蟹足や卵焼棒などを片手に歩く姿が散見されました。ストリートフードを始め、海鮮丼のお店やお寿司屋さんも営業しており、参拝帰りに新年から新鮮なシーフードを頂けるのは、嬉しいですね。

海鮮丼店前は長蛇の列

牡蠣小屋屋台でジューシーな蒸し牡蠣を

迷路のような路地は昭和な風景が現存しており、これもまた築地の魅力の一つですね。敢えて迷い込んでみてはいかが?

昭和遺産

続いて築地本願寺へ

神社とお寺を続けて参拝するというのも、日本らしくていいのではないでしょうか。古代インド仏教様式を用いた外観はエキゾチックで、浄土真宗のお寺らしからぬ唯一無二の個性的な造りになっています。

ホームページ情報によると、建築に携わった伊東博士と第22世法主であった大谷氏は、アジア諸国やシルクロードを旅された経歴があり、その知見が本堂建築に活かされているのかもしれません。

築地本願寺を守る美しい羽を持つ獅子像

先ほどの神社の獅子様とは全く別物ですね。文化の違いがとても興味深いです。

仏教テイスト!?なステンドグラス

床には謎めいた幾何学模様のタイルが

本堂内は天井が高く、とても広々としています。大きなパイプオルガンが設置されており、まるで教会のような雰囲気がします。お参りは、お焼香スタイルです。

本堂のようす

玄関ホール近くには、牛、孔雀、馬、猿、像など、たくさんの動物が棲んでいます。参拝後に、動物達を探してみるのも楽しいですね。

本堂を守っている愛らしい孔雀

おみくじや絵馬などがないのですが、新年の目標を記入することができる札とカラフルなペンが置かれたコーナーが設置されていました。

みなさんの目標は?

敷地内にある築地本願寺インフォメーションセンターへ。中には、ブックセンター、カフェにオフィシャルショップが併設されています。

本願寺オリジナルグッズも販売中

並んででも食べたいと話題の18品目の朝ご飯が人気の「カフェTsumugi」へ。朝でも昼でもない微妙な時間帯であったため、比較的空いており、窓際の席でひと休み。

本堂がよく見えます

色違い!ほうじ茶ラテと抹茶ラテでほっこり

まとめ

築地駅からのアクセスも良く、神社とお寺が比較的近くにあり、混みすぎていない、そしてどちらにも歴史があり、独自のスタイルがあるのが大変興味深いです。

場外市場では、新春にふさわしいゴージャスな海鮮丼や美味しいお寿司がいただけまるお店が営業しており、またシーフードを使ったストリートフードがカジュアルに食べ歩くこともできるのは、築地ならではですね。

参拝に食べ歩きに昭和散歩に、ぜひぜひ、訪れてみてください。

by ロミコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です